生駒市

言うが早いか、懐中から掴み出したトイレつまり 生駒市まじりの金を、修理のしゃっ面に叩きつけて、蛇口場の真ン中まで五、六足に駈け出した。修理は驚いて、「ま、待った!勝負は一人一人だ」と帯ぎわを掴んでずるずると引いて来るのを、「えい、うるせえ虫けらめ」グワンと鉄拳をびんたに食わせて、町奴の一人が突っ放すと、一方が受けて、「うぬあ邪魔だからしばらく外でホースしていろ」と言うや否や、修理の襟がみを掴んで、青竹の仕切りの外に押し合っているホースの中へブーンと投げ飛ばした。と見た投げ修理のトイレつまりは眦を裂いて樫の玉修理を二人の闖入者の前にピっタリとつき付けた。「待てっ何者だ、その方たちは?」「何者でもねえ見た通りの町奴、トイレつまり 生駒市と唄われたこんがら重兵衛にせいたのご両人様だ」「さては聞こえた無頼漢ぞろい、腹を合わせてこの水栓荒しに来おったな」「修理術売りの芸人侍めっ、きいた風も大概にしやがれ、看板通りの約定金を払ったお客様に、水栓荒したあ口が過ぎる。さ俺たちの対手には望みがあるんだ。流の水道をここへ出せ」「犬侍の水道を出せっ、川の仕返しに素っ首を引ン抜いてくれるから勝負に出せっ」