大間々町

omama

町名の「まま」とは、渡良瀬川の河岸段丘によってつくられた崖のことです。
あかがね街道の宿場町として、生糸の集散地として栄えました。
町役場前の「まま」には小学生の描いた絵が季節の花々で美しく表現されて観光スポットとなっています。
平成4年には町制施行100周年を記念して、「おおままのうた作成委員会」によりイメージソングが作成されました。
作曲はビリー・コビーンによって行われました。
詞は全国から545点もの応募があり、群馬県伊勢崎市在住の長塚いさむの「風のエアメール」が選ばれました。
日本語版は庄野真代が、英語版はダラ・セダカが歌っています。奈良市 水漏れ
関東平野北端で、渡良瀬川によってつくられた大間々扇状地に位置しました。
町北部の塩原にある貴船神社は京都・貴船神社の霊をまつったとされ、例年県内一の20万人もの初詣参拝者が訪れました。
町内には渡良瀬川が流れ、北部には足尾山地へ連なる山々があり、町の70%が緑におおわれた、緑あふれる町でしたる。
近隣の市町村とともに、桐生広域圏に属しました。

“Mama” of the town name means the cliffs created by the river terraces of the Watarase River.
In “To” in front of the town hall, the paintings drawn by local elementary school students are beautifully represented by seasonal flowers and become tourist attractions.
As a lodging town of the Akagane road, it flourished as a divergent place of raw silk.
In 1992, in commemoration of the 100th anniversary of the town organization enforcement, the image song of the town was created by the “Oriama no Uta production committee”.
There are 545 entries from all over the country, and Nazuka Nagatsuka’s “Air Air Mail” living in Isezaki City, Gumma Prefecture, was chosen.
Composition was done by Billy Cobeen.
Masayo Shono in Japanese version, Dara Sedaka singing in English version.
Kibune Shrine in Shiobara in the northern part of the town was preserved the spirits of the Kyoto · Kibune shrine, and as many as 200 thousand visitors worshiped each year in the prefecture.
On the northern end of the Kanto Plain, it is located in the alluvial fan created by the Watarase River.
In the town there is a Watarase River, in the north there are mountains leading to the Ashio mountain area, 70% of the town is covered with green, it is a town full of greenery.
Along with neighboring municipalities, it belonged to the Kiryu wide area.